ちょっと気になる高性能住宅とは?知っておくとちょっと便利な知識を詳しく紹介

家を購入する多くの人達から支持されて、メディアなどでも注目を集めているのが高性能住宅です。
今購入を検討中という人も是非参考にしたい家づくりで使用される材料の違いや、快適な空間づくりの効果を抜群に上げる工法など建てる前に調べて知っておくことがとても重要です。
高額となる家の購入は後悔しないことが絶対条件で、家づくりをする為に基礎知識をチェックして世界に1つだけの快適な住まいを手に入れる準備をしましょう。

ちょっと気になる高性能住宅とは?知っておくとちょっと便利な知識を詳しく紹介

高性能住宅は断熱性や気密性や、耐震性や省エネ性などの性能を上げる為にこだわった住宅のことです。
高性能住宅は性能の高さから、長期に快適な暮らしを送れる住宅であり税制優遇なども受けることが出来ます。
高性能住宅を検討中という人は事前にどんな家づくりを行うのか知っておくと、お得になる便利で為になる情報を調べておくことをおすすめします。
夢のマイホームを高性能住宅で手に入れたいと考えるなら、まずは情報収集から始めてみてはどうですか。

よくわからない高性能住宅の定義とは?

高性能住宅というと何となく凄そうなイメージですが、実は明確な定義というものはないことに驚くのではないでしょうか。
判断基準が存在しないので、高性能住宅を謳う家はハウスメーカーや工務店が自らそう主張していると捉えて間違いないです。
ZEHのように、明確な定義と基準に基づく高性能住宅は別ですが、どの基準に沿って設計され建てられているか分からない家に関しては企業の自称ということになります。
一般的に高性能住宅は高断熱で高気密、耐震性や省エネ性能も優れている家と考えられています。
しかし外気温との差が何度なら高断熱で、隙間風がどれだけ少なければ高気密かという基準はないわけです。
耐震性は地盤や基礎によっても違ってきますし、省エネも生活スタイルによって左右されるので、簡単に評価できないのも頷けます。
大切なのはむしろ快適性や安心感が得られるかどうかで、そういった生活を長く保つ為にメンテナンスをしっかりと行ったり、必要に応じてリフォームをすることにあるのではないでしょうか。

高性能住宅には明確な基準はない?

高性能住宅の基準は明確ではないと考えている人は多いですが、実際には存在しています。
基本的に断熱性・気密性・耐震性の3つが基準値を超えていることが、条件です。
高い性能を維持している家のことを高性能住宅と呼んでいます。
断熱性をはかるにはUA値・気密性を測るためにはC値、耐震性は耐震等級から判断されることが一般的です。
これらの性能を正確に計測し、国が定めた数値を超えていることが重要といえます。
なお、国だけではなくハウスメーカーや工務店が定めたものも存在しており、その数値を超えない物を作らないようにしているなど、職人気質のハウスメーカーや工務店も多いです。
注意したいのはUA値は建築物省エネ法で定められていますが、地域により規定となる数値に違いがあります。
北海道と沖縄では明らかに違いがあるため、よく確認してから利用することが重要です。
高い断熱性を求められるエリアでは厳しく、冬寒く無いエリアでは比較的緩くなっています。

断熱性や機密性が高い高性能住宅はエネルギー効率がいい

高性能住宅といえば家づくりの現場において耳にする機会の多い言葉ですが、それが意味するところは言うまでもなく住宅としての基本性能が高い家ということになります。
具体的にどの程度の性能を備えているかについての明確な定義があるわけではありませんが、当たり前のことですがやはり「快適に暮らせること」は最も重要な要素です。
ただ、高性能住宅の指標は快適性だけではありません。
経済性もまた、その家で長く暮らしていくには非常に大事です。
高性能住宅の条件としてよく言われるのが、断熱性や機密性の高さです。
いずれも外気の温度を室内に伝えにくくすると同時に、室内の温度を外に逃げないようにするための性能であり、これによって外気温が変化しても室温を一定に保つことができ、夏でも涼しく、冬でも暖かい暮らしを実現できるようになります。
さらに、高断熱・高気密な家はエネルギー効率を高めるのにも役立ちます。
室温が外気温の影響を受けにくくなれば、少ないエネルギー消費でも冷暖房が効きやすくなるため、光熱費の節約につながります。

地震に強い耐震性の高い高性能住宅とは?

高性能住宅は省エネ性能などが重視されていますが、地震に強いことも大事です。
大きく分けて3つの工法があります。
耐震、免震、制振になります。
耐震は建物の強度を高める最も一般的な工法です。
免震は揺れを伝えにくくするのが特徴となっていて、免震装置を設置することで揺れを建物に伝わらないようにします。
制振は制振部材という装置を設置して、揺れのエネルギーを吸収して抑えます。
倒壊するのを防ぐことはもちろん、家具が倒れるのも防ぐことが可能です。
日本ではどこで大きな地震が起こっても不思議ではないので、大きな揺れに耐えることができる高性能住宅にすることを推奨します。
今後も首都直下や南海トラフが発生すると予測されています。
自分は大丈夫と考えている方がいますが、そういう人に限って大変な思いをすることになるので油断は禁物です。
自分のためだけでなく、家族が安全に生活するためにも必要なことです。
耐震性の高い高性能住宅を得意としている施工会社に依頼してください。